Calendar

2014年9月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

故人を見送る儀式

長い間一緒に暮らしている家族も、いつかは自身の人生を全うして永眠につきます。
永眠というのは、全ての人に対して平等に与えられている事です。
いつかは自分の両親や兄弟も永眠し、自分自身も永眠する事になるでしょう。

日本では、遥か昔から永眠した人を弔う為に葬儀を行います。
葬儀とは永眠した故人を弔う為だけではなく、残された家族達の為にも行われるという意味もあるのです。
葬儀をすると、残された家族は今まで一緒に生活していた事が当たり前だった人がもういないという現実を知り、人が死ぬという事を深く受け止める事が出来ます。

葬儀では住む地区や人によって形も変わります。
人によっては、葬儀をする場合は近親の身内だけで行う家族葬を選ぶ方もいるのです。
家族葬とは、基本的には家族・親族のみで行う葬儀です。
近親のみで少人数といえど、家族葬でも葬儀場には祭壇を設けてお通夜や告別式といった行事を行います。
家族葬の場合は、故人の友人などといった来客者が来ないので、来客者に気をつかう事もなく故人との最後の別れをする事も出来るのです。

また、この家族葬には一般的な葬儀に比べて自由がきくもので、故人の意思を反映しやすいものであるといわれています。
近親のみで気をつかうことがないとは先に言いましたが、例えば席の順番や焼香の手順、あるいは式全体の進行などといった部分でも形式張ることはありません。
故人の好きな音楽をかけたりと言ったことは通常の葬儀ではなかなかできないことですが、家族葬ではそういったことも可能になります。

そういった理由もあり、最近では葬儀を家族葬で行うという人も多くなっているようです。

オススメ外部リンク

Category